HOME > 微弱電流治療

微弱電流治療

微弱電流治療の特徴

微弱電流治療の特徴
  • 自己回復能力、自然回復力を高める。
  • 通常の回復時期より早く治癒力を上げれる。
  • 傷付いた患部の細胞の状態を読み取り、回復を促進させます。
  • 炎症、痛み等の症状を早期に和らげることが可能

このようなお悩みの方にオススメです。

こんな方にオススメ
  • 一般外傷(足首の捻挫、突き指、脱臼、骨折)
  • スポーツ障害(スポーツによる肘や肩、スネやふくらはぎの痛み
  • 成長期の痛み、手首やヒザなどの同じ動作の繰り返しによる痛み

人の身体の治癒力を高める

人の身体の治癒力を高めるのイメージ

人間の身体は自己回復能力、自然回復力(自分で治そうとする力)以下、治癒力と表現します。
打撲や骨折、けが、肉離れ、捻挫などの場合、組織の回復は10日から14日後から始まるといわれています。そのタイミングから治癒力が働き始めています。

一度の強い力で傷ついた組織や日常生活の繰り返しの動作で痛めた箇所の体の状態は体内の組織の細胞の配置が大きく乱れているそうです。
つまり、痛みがあるから悪いのではなく、悪いから痛みを感じるのです。
シンプルに考えると悪い部分が良くなれば痛みが和らぐのです。
もともと、人間の体の中にも微弱な電気が流れています。体内に流れる電気と共鳴する電気が流れることによって、細胞の配置が徐々に整い始めていきます。それを担うのが微弱電流治療器の役割です。

微弱電流治療の特徴として、通常の回復時期よりも早期の段階で治癒力も高めれます。
早期の治療が必要な交通事故のむち打ち治療には特に有効です。


診療時間

施術時間
午前9:00~12:00
×
午後12:30~3:30
午後4:00~8:00
×
午後8:30~9:30×

※休診日:木曜日午前・日曜日午後・祝日
   △:予約制 腰痛肩こりマッサージ・巻爪・インソール・パーソナルトレーニング など気軽にお電話下さい。